旬の農作物なう!

シャインマスカット:すい整形・ジベレリン処理

2021.07.01掲載

山形県は全国第3位のぶどう産地です。
6月中旬に、天童市干布でぶどうを栽培する花輪学さんの畑を訪ねました。花輪さんは、大粒で種がなく皮ごと食べられる人気の品種「シャインマスカット」を栽培しており、9月下旬からクリスマスの時期頃まで出荷・販売しているそうです。
今回は、形の整った果実をつくるために必要となる「花穂(かすい)整形」と、実は種がある「シャインマスカット」の種を無くすために必要となる「ジベレリン処理」について、取材しました。


@ 花輪さんの「シャインマスカット」の畑です。おいしい果実をお客様に届けるため、長梢栽培という手法で、丁寧に育てあげています。

A これがぶどうの花穂です。このまま育てると大房になり、粒が小さく、味がのりません【左図】。
房型を整えておいしく大粒な果実に仕上げるため、「花穂整形」を行い、先端の3.5cmだけを使います【右図】。

B 花穂整形作業の様子です。ハサミを使って丁寧に房の大きさを整えます。
ぶどうの開花はドンドン進みます。作業が遅れてしまうと、房型が整わなくなってしまうため、繊細かつスピーディーに作業を進めているそうです。

C 左が開花始期、右が開花後(満開)の状況です。花が咲ききって、全体が粒々となってきた頃(右図)が、1回目のジベレリン処理の適期です。
すでに、「ぶどう」のような形になってきていますね。

D 確実に種無しにするため、開花状況を見極めながら、1房1房丁寧にジベレリン液に漬けていきます。
腕を高く上げて、房を傷つけないように慎重に作業していきます。多い日では、1,000房以上も処理するそうですよ。

E ジベレリン処理の忘れがないように、野菜用の接ぎ木クリップを目印に使うなど、工夫して作業をしているそうです。
今回が第1回目のジベレリン処理作業になりますが、大粒なぶどうに仕上げるため、同様な作業を満開後10〜14日に、もう1度行います。

2回のジベレリン処理作業が終了すると、果粒がドンドン大きくなり、より「ぶどう」らしくなってきます。次回は、7月頃に摘粒の作業について、取材する予定です。

▲ページトップへ

シャインマスカット:摘粒・袋かけ

2021.08.23掲載

今回は、大粒でおいしいぶどうを作る上で最も重要となる「摘粒作業」と、摘粒した果実を収穫までしっかりと守るための「袋かけ作業」を紹介します。

1 【摘粒作業(7月上旬〜中旬)】


@ 7月の「シャインマスカット」の房の様子です。6月の時点ではまだ果粒が小さい状態でしたが、果粒が大きくなり、ぶどうらしい形になってきました。
まだ、このままでは、粒数が多過ぎて、大粒で食べごたえのあるぶどうにならないので、余分な果粒を間引きます。

A 摘粒作業は、粒の大きさや房の形を決めるとても重要な作業です。
花輪さんの果樹園では、収穫の時に、房の大きさが700g程度で40〜50粒程度となるように房の形をイメージしながら、摘粒作業を進めて行くそうです。

B 摘粒作業の様子です。房の上部は、しっかりと軸のまわりが果粒で埋まるように、上向きの果粒を多く残します。

C 房の中央部は、果粒の大きさや配置をみながら、混んでいる部分等を間引き、横向きのものを残します。

D 房の下部は、ぶどうらしい円錘形になるように、粒数を少なめにして、下向きの果粒を多く残します。

E 摘粒後の様子です。しっかりと粒数を制限することで、残った果粒に養分が集中し、より大粒でおいしいぶどうに仕上ります。

F 大粒でおいしいぶどうを作るためには、この摘粒作業を丁寧かつスピーディーに進めていく必要があります。 繁忙期には朝5時頃から作業を始め、1日に300房も摘粒作業を行うそうですよ。

2 【袋かけ作業(7月下旬〜8月初旬)】


G 摘粒作業が完了したら、病気や虫などからぶどうを守るために、袋かけ作業を行っていきます。

H 「シャインマスカット」は、日当たりが良過ぎると、果粒の表面が変色してしまう場合があります。
花輪さんの果樹園では、果粒の変色を防ぎ、綺麗な房に仕上げるため、緑色の果実袋を主に使用しているそうです。

I 果実袋には、緑色の他に、白色や青色のものもあります。花輪さんの農園では、おいしいぶどうに仕上がるように、日当たりなどを考慮しながら、様々な果実袋を使用しているそうです。

J 袋かけが終了すると果房の管理はひとまず終了です。
花輪さんの果樹園では、8月下旬頃からの収穫を予定しているそうです。

順調に果粒の肥大が進み、おいしい「シャインマスカット」に仕上がってきています。次回はいよいよ収穫作業について、取材する予定です!

▲ページトップへ