旬の農作物なう!

きく(切り花):定植、摘心

2022.06.20掲載

 「きく」は花の中で、全国で最も多く栽培されており、花の大きさや枝数から「輪ぎく」、「スプレーぎく」、「小ぎく」の3種類に分類されて流通しています。
村山地域では、山形市、上山市がきくの産地で、ビニールハウスを使わない露地で8月〜10月出荷に向けた栽培が行われています。

 5月下旬に山形市高瀬の齋藤(さいとう)(みのる)さんを訪問しました。9月出荷に向けて栽培している「輪ぎく」圃場で、定植(植え付け)作業や摘心作業の様子を取材しました。


@ 定植前の状態。きくを定植するところは排水対策のため、約15p程度高くしています。

A セルトレーで約3週間育てた苗を定植します。苗の大きさは約10pです。

B セルトレーから苗を取り出し、植えるところに置いていきます。

C 苗の状況です。あらかじめ畑に張ってあるひもに沿って植えていきます。

D ある程度苗を並べたら、植えていきます。定植時間を短くするため、中腰姿勢で行っています。

E シャベルで穴を掘り、そこに苗を入れて、植え付けます。地際部を強く押さえ付けないよう注意して植えています。

F 定植作業を終えたら、苗に水を与えるためと、苗と土の隙間を埋めるため、かん水します。

G かん水を終えたら、定植作業の終了です。

H 定植の約1週間後に、茎の先端を摘む「摘心」を行います。生長点を確実に摘むことを心がけています。

I 摘心は、葉の付け根にある芽(腋芽(わきめ))を吹かせるために行う作業です。

 きくの定植から収穫までの栽培期間は約3〜4ヶ月です。この間、今回紹介した定植、摘心の他に、側枝整理、フラワーネット設置、摘蕾、病害虫防除などの作業が続きます。「きく」は花だけでなく、葉も売り物になるので、最後まで気が抜けません。

 次回は、摘心後に伸びてきた腋芽(わきめ)を3本だけ残す「側枝整理」作業を紹介します。

▲ページトップへ