旬の農作物なう!

トルコぎきょう:定植

2020.07.21掲載

山形県のトルコぎきょうの出荷量は全国4位(令和元年度)。村山地域の中では上山市や山形市で栽培が盛んで、6〜11月まで出荷されています。トルコぎきょうは花の色や形がバラエティに富み、数多くの品種があります。夏でも花持ちが良く、お祝いやイベントなど様々なシーンで幅広い場面で活躍します。

6月下旬、上山市の鏡 寿樹さんの農業用パイプハウスに伺い、定植作業の様子を取材しました。


@ 今回定植するハウスです。白やピンクなど、花の色や形が異なる5品種を栽培します。

A 定植は手作業で行います。1ベッドに約1500株入ります。
B 左は播種直後のセルトレイです。播種用の器具を使い、406穴それぞれに1粒ずつ播種しています。播種から定植までは、種子の低温処理期間を含め2か月程度かかります。

C 鏡さんの手元をよく見てみましょう。まず指で穴をあけ、セルトレイからピンセットで苗を抜き取ります。

D 苗をやさしく穴に置きます。前日にかん水をすると穴が崩れず、作業がしやすくなります。

Eどんな花が咲くか楽しみですね。

定植後、短日処理を1か月程度行います。短日処理とは、100%遮光のホワイトシルバー等の資材で夕方5時頃から朝8時頃までトンネル状に被覆する方法です。花芽分化を遅らせ、ボリュームのある切り花にするための作業です。

次回は、定植後の管理の様子を取材します。

▲ページトップへ