旬の農作物なう!

蔵王サファイヤ:定植後の管理

2018.06.11掲載

山形市の大郷地区では、「蔵王サファイヤ」の名称で、なすが栽培されています。栽培されている「真仙中長(しんせんちゅうなが)」は、紫色に輝く見た目から、この名称が付けられ、商標登録されています。小ぶりで皮がやわらかく、漬物にぴったりです。現在 13 人が生産しています。

5月14日、「蔵王サファイヤ」を栽培している丹野 菊男さんのハウスに伺いました。丹野さんはなす栽培を始めて 20 年になり、現在は 900 坪のハウスで栽培しています。今回は定植後の栽培管理について紹介します。


@ 定植は3月3日に行われ、うね幅は 180cm、株間は 55cm です。現在、草丈は大きいもので 100cm を超えています。定植後は 13℃以下にならないよう、ハウス上部の天カーテン、ハウスサイドのカーテン、うね上のトンネルを用いて、5月上旬まで加温したとのことです。右の写真は、暖房機です。うね上のトンネルに送風し、ハウス内を加温します。

A 灌水は3日に1回程度、午前中に約5分間行います。マルチの下に灌水チューブがあります。

B なすは分枝が多く発生するため、整枝を行います。丹野さんは一番花の下2本の枝を伸ばして3本仕立てにしています。

C なすの茎に何かぶら下がっています。この袋の中には、アザミウマの天敵であるスワルスキーカブリダニが入っています。アザミウマは、多くの野菜に寄生する害虫です。スワルスキーカブリダニがアザミウマの幼虫を補食することで、殺虫剤の散布回数を減らすことができます。

D 葉とり(摘葉)をしている様子です。上の方の葉を取り除くことで光が入りやすくなり、花に栄養が供給されるようになります。取材当時のハウスでの主な作業は葉とりで、とても大変だとおっしゃっていました。

E なすが大きくなると、重みで茎が通路に垂れ下がってしまいます。これから支柱を立ててひもを張り、通路を確保するそうです。

次回は、収穫の様子をお伝えします。

▲ページトップへ