むらやま味の決定版|『野菜ぷりん』 野菜ぷりん 村山市 国立ファーム株式会社
野菜ぷりん 農業に対するイメージを変えていきたい!女性だからこそできることがある!

 母となる女性にもっと農業や食の大切さを感じて欲しい。
 自分と同じ世代の女性に食と農業についてもっと身近に感じ考える機会を提供したい。
 女性の力で農業界を元気にしたい!という思いで、山形ガールズ農場代表の菜穂子さんは、就農を決意しました。しかしながら、従来の農業のままでは限界がある・・・。
 そこで、作物の生産だけではなく、女性としての感性を生かしながら、加工・流通・販売まで行っていく方法を考え、農業が女性から憧れられる職業となることを目指し、山形ガールズ農場を設立しました。
 設立して今年で3年目になり、山形ガールズ農場は着実に一歩一歩前へ進んでいます。
「できない理由を言わない。」
 この社風ともいうべき理念の下で様々なプロジェクトを進めた結果、農業分野のみならず、多方面・分野でその活動が評価されています。
 活動の一つの柱として挙げられている「加工」。
 そこで進めてきた「ご当地スイーツプロジェクト」の成果として「野菜ぷりん」が生まれました。

<こだわりの原材料>
野菜…
 山形ガールズ農場の畑で丁寧に育てた旬の採れたて野菜を使用しています。
卵…
 東京の鶏卵農場で生産されている「ホワイトたまご」を使用しています。
 輸入トウモロコシではなく、国産米を飼料として育てられた鶏の卵です。
 その名のとおり黄身が真っ白で、脂質やカロリーが一般の卵よりも低く、あっさりしてマイルドな味わいが特徴です。


野菜ぷりん野菜ぷりん

野菜が苦手な人にも食べてもらいたい。

 「野菜をもっと気軽に楽しく食べてもらいたい。新鮮な野菜は本当に美味しいので、その感動を少しでも味わってもらえたら。」と担当の奈須野さんは、加工に情熱を注いでいます。
 「野菜ぷりん」は、一般の卵よりもあっさりとした口当たりが特徴の「ホワイトたまご」を使用することで、組み合わせた野菜の甘みや豊かな風味がしっかりと味わえる一品です。
 加えて、黄身が白いことで、野菜の鮮やかな色がプリンに現れ、口だけでなく目でも十分に楽しむことができます。
 また、商品のパッケージングにも女性ならではの感性が光っています。
 山形ガールズ農場では、今後も米粉や季節の野菜を使用した加工品を提案していこうと、より一層積極的に活動しています。



<主な商品と価格>
・野菜ぷりん 280円〜320円
昨年の商品例:里芋・人参・アスパラ・トマト(赤・黄)・かぼちゃ・紫芋・枝豆・ほうれん草など
※原材料となる野菜の種類は季節や旬によって異なります。


野菜ぷりん
  2009年4月に設立し、今年の4月で3年目を迎えます。
 現在5人の社員で協力し合いながら、日々活動しています。
 加工品は、各催事・注文販売(要相談)のほか、4月〜11月上旬まで道の駅むらやま「まごころ広場」、未知の駅のり蔵(通称:スイカドーム)で販売しています。
 詳しい情報は、自社ホームページやブログ・twitterなどで発信をしているので、ご覧ください。

〒995-0203 村山市大槇592
TEL.0237-56-3686
販売期間:通年
Web:http://www.kf831.com/girls/

野菜ぷりん

▲ページトップへ