むらやま味の決定版|『紅花入りおみ漬』中山町 つけものグループさくらんぼ会
紅花入りおみ漬)
山形の母ちゃんの思いを青菜の味に託しました

 青菜漬け・おみ漬けは、山形が全国に誇れる独特の美味しい漬物です。
 山形では多くの家庭で青菜を沢山漬けて、遠くの親類縁者に贈る習慣があります。
 それは、時代が変わって加工所が代行するようになっても変わらない「母ちゃんの味」でなければなりません。
 さくらんぼ会の母ちゃん達は、全員が我が家の漬物を漬けるように、青菜を丁寧に扱います。
 懐かしい故郷の味・家庭の味を常に志して加工をしています。
青菜は収穫期の見極めが肝心で、「からし菜」とも呼ばれる独特の辛味は、畑でじっくりと充実させた株でしか味わう事が出来ません。
 「青菜が良ければ、それだけで充分に美味しくなる」と語る代表者の熊谷さんは、まずは第一番に素材を大切にしています。
 メンバーは、それぞれが目の届く畑で丹精込めて、程よい辛味が生じるまでじっくりと時期を待ちます。
 そうして取り入れられた青菜だけが原料として使われています。

「紅花入りおみ漬」について
 最上川を遡って紅花を買い付けにやってきた近江商人は、倹約を旨とする精神から、野菜を細かく刻んで、無駄なく全て漬け込む方法を伝えました。
 それが今の「おみ漬」になったと言われています。
  「紅花入りのおみ漬」は、伝統を踏まえ、より山形らしい漬物を求めて考案された、「紅花の里」山形に対する思いが込められた商品です。


紅花入りおみ漬
加工には、譲れないこだわりがあります

 さくらんぼ会では、注文が集中して商品が品切れになる事があっても、それを見越して他から青菜を仕入れて漬けておくという事はありません。
 お客様に待っていただいても、自分達で栽培した青菜で、漬け込む日数を守り、納得のいく商品が出来るまでは発送しません。
 その一貫した考え方が長年に亘ってお客様に支持されている 理由と言えます。




紅花入りおみ漬 紅花入りおみ漬
<主な商品と価格>
「おみ漬」 200g×10袋3,150円
「特選セット」 青菜漬2.8kg
おみ漬200g×5 
3,780円
「特別詰合」 青菜漬300g×3、
きざみきゅうり200g×3、
おみ漬200g×3、
梅干200g×2、
カット青菜漬
(約4cm切)250g×3
4,400円
<販売時期>
11月〜12月
<販売方法>
直販、イベント販売(大沼デパート)


紅花入りおみ漬
 つけものグループさくらんぼ会は、山形市内のお母さんたちが、仲間づくりと元気なまちづくりを目指して始めました。
 平成4年に初めて片谷地に加工所を整備し、その後、平成12年に現在の場所に移転し、10人のメンバーで加工をしています。
 当初は、ゆうパックや販売店への営業活動を行っていましたが、現在はダイレクトメールでの直販を中心に、大沼デパートなどのイベントでも販売を行っています。

お問合せ先
〒990-0867 山形市大字志戸田1698
TEL.023-646-0081
FAX.023-646-0081
(上記の加工所は11月〜12月のみ連絡可。それ以外は、代表者の熊谷まで。TEL/023-645-0715)
紅花入りおみ漬

▲ページトップへ